Event is FINISHED

SaCSS Special20 : Direction(SaCSS vol.102)

Description
*************************************************************************************

概要

*************************************************************************************

日 時:2019年3月2日(土)13:30〜16:30(開場13:10)
会 場:札幌市民ホール 第1会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)
定 員:60名
講 師:
  • 田口 真行
  • 待島 亘
  • 川岡 潤
  • 長谷川 広武
主 催:SaCSS
備 考:スクール形式(机あり)、インターネット環境無し
懇親会:セミナー後開催します。お申し込みが別途必要になります。
懇親会参加の方は必ず登録をお願いします。
Twitterハッシュタグ: #sacss

*************************************************************************************

各セッション概要

*************************************************************************************

自ら率先して進行管理するディレクターを目指す「脱」伝書鳩マネジメント(田口 真行)


Webディレクターが担う「Webディレクション」は、プロジェクトの規模や関わる範囲によって業務内容が変化します。
先に起こるであろうことを「事前に予測して対応に備える」ことは、ウェブサイト制作の進行におこりがちな「二転三転」を回避する働きがあります。
本セッションでは、場や状況に流されてしまう「受け身姿勢」ではなく、自ら率先してプロジェクトを進行管理する「攻め姿勢」のマネジメント手法を紹介します。

***

クリエイティブに自信を持つ!前向きサイトプランニング(待島 亘)

トップページデザインが校了にならない、バナーを10案出しても決まらない・・など、制作上でボトルネックになりがちなデザインワーク。クライアントにスムーズにOKをもらうには、どんな方法がベストなのでしょうか。ウェブサイトプランニングの視点から、具体的な考え方とプランニングのフローを交えてお話します。


***

Backlogで東京タワープロジェクトをマネジメントする(川岡 潤)


昭和30年代前半、東京。テレビの時代が幕を開けようとしていた。乱立した電波塔を統合するため東京タワー構想が打ち出されこれに財界が飛びついた。この巨大なプロジェクトを現代のBacklogで管理したらどうなるか、東京タワー建設時のエピソードを交えながらBacklogで東京タワー建設プロジェクトを管理してみようと思います。(史実と異なるところは何卒ご容赦ください)

***

コーディングやCMS実装前の確認事項?技術面のディレクションと難しさ(長谷川 広武)

ワイヤーが作成され、そしてデザインがでてきて、いざコーディング!となった段階で仕様を確認しようとしても、あるのはそのワイヤーとデザインだけという経験はないでしょうか?CMSの構築もあるのに、CMS側の仕様が全くでてきていないなどという経験もないでしょうか?仕様が出てこないのでお任せです!と言われて勧めたのに、作ってみたら大量の変更依頼がきてしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか?
進行前にどのようなポイントを確認しておくのがよいのかをお話します。

***

*************************************************************************************

その他イベントに関する詳細情報は公式サイトをチェック!

*************************************************************************************

SaCSS Special20 : Direction

Sat Mar 2, 2019
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
札幌市民ホール 第1会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,000
早割:(2月14日まで[500円引]) SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
札幌市中央区北1条西1丁目 Japan
Organizer
SaCSS
454 Followers